便秘を解消できると起こるうれしいこととは?

いろいろな不調は便秘が関係している

頭痛や腹痛、吐き気など、一見便秘と何ら関係のないように思える症状が、実は便秘がもとになって起こっているというのはよくある話です。便秘は腸内環境が悪くなってしまうことで起こりますが、腸は健康におけるさまざまなことに関係する臓器ですので、腸内環境が悪いことは、体全般の不調につながってしまいます。逆をいえば、便秘をしないこと、もし今便秘の症状に苦しんでいる人は、便秘を解消することでそれらの不調から開放されるかもしれないということ。自分では一切関係ないと思っていた体調不良は、実は便秘が原因なのかもしれません。これは一刻も早く便秘を解消しなければならないですね。便秘解消方法にはいろいろなものがありますが、くれぐれも便秘薬を飲むことが便秘解消だとは思わないこと。薬を使わないで自然なお通じをもよおすことが理想です。もし今便秘薬を多用している人がいたら、一刻も早く服用を中止してください。何も飲まないと絶対にお通じがないという人は、便秘薬を整腸剤に変えてみましょう。整腸剤は腸内環境を整えるために大きな効果を発揮してくれます。整腸剤には1日に摂取するべき量が記載されていますが、便秘薬から整腸剤にシフトする際は、少し多めに摂取してみるのもよいと思います。もちろん大量に飲んだからその分効果が高くなるというわけではありませんが、規定の量より少し多めに摂取することで、善玉菌が腸内で働きやすくなる場合があるようです。余談ですが、感染性のウィルスによる下痢なども、整腸剤を多めに服用することで緩和される場合があるようですので、もしものときはぜひ試してみるとよいと思います。

便秘を解消してさまざまな不調も解消してしまおう

腸内環境を整えて便秘を解消することは、便秘以外の対象不良を改善することにもつながります。腸が非常に重要な役割を持っていることは多くの人の知るところになりますが、今頑固な便秘に悩んでいる方は、もしかすると並行して悩んでいる別の症状も、便秘解消と同時に治ってしまうかもしれないのです。便秘が改善するとどんな症状も改善されるのかを知ることで、便秘解消のモチベーションアップにもつながるのではないでしょうか。ここでは、便秘を解消することで緩和される可能性のある不調についてご紹介するとともに、合わせて考えられる不調を改善するためのほかの対処法についてもご紹介しています。

関連:便秘が改善するとホルモンバランスや自律神経が整う

Comments are closed.